F O L L O W U S

YouTubeチャンネル運用のメリット・デメリット
企業の商品やサービスのマネジメントはLIBERTY TOWNへ

LIBERTY LIBERTY LIBERTY

多くの企業がYouTubeのチャンネル運用を介して、商品やサービスのPRをすることは当たり前の時代になりました。YouTubeユーザーは、2020年には日本だけでも月間7,900万人を超え、2022年末には8,000万人を超えると推定され、毎日欠かさずチェックしているという方も珍しくありません。

ここでは、YouTubeの動画制作やチャンネル運用のサポートを行うLIBERTY TOWNが、個人・企業がYouTubeを運用するメリット・デメリットについてご紹介します。

これからチャンネル運用を始めたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

企業の商品やサービスのPRにおすすめ!YouTubeのチャンネル運用のメリット・デメリット

Advantages and disadvantages

YouTubeを活用するクリエイターや企業の数は、世界中で広がりを見せています。

視聴者は好きなタイミングで自由に動画が楽しめ、配信者はいくつもの動画を自分のタイミングでアップできるメリットがあります。

特に企業にとってYouTubeのチャンネル運用が、ビジネスを成功させる重要なツールになりつつあります。

ここでは、YouTubeのチャンネル運用のメリット・デメリットを見ていきましょう。

◇ メリット1:幅広い世代にPRできる

YouTubeの視聴者数は老若男女問わず、日々増え続けています。YouTubeの統計データによると、2020年11月時点で全世界のYouTubeのユーザー数は、月間20億人を超えたという結果が出ています。

YouTubeは、誰もが自由に閲覧・視聴できる動画コンテンツなので、動画を投稿するだけで幅広い層へのアピールが可能です。

◇ メリット2:訴求力が高い

商品やサービスについて知ってほしい情報や口コミなどを配信できるため、訴求力は非常に高いです。

中でもよい口コミが多くお気に入りのYouTuberの愛用品であれば、よりその効果は高まります。

◇ メリット3:自社サイトや実店舗への集客

YouTubeを運用することで、オンライン販売はもちろん、自社サイトや実店舗を視聴者が訪れるきっかけになります。

また、フォロワーは顧客情報と同じくらい大切な存在です。YouTubeのチャンネル運用は、フォロワーにいち早く、新しい商品やサービスについての詳細をお知らせすることができます。

◇ メリット4:YouTubeからの広告収入

配信者が18歳以上で、チャンネル登録者数1000人以上、直近12ヶ月の総再生時間が4000時間を超えれば、自身の動画に広告を掲載できるようになります。

広告が載るようになると、視聴時間に応じた広告収入が得られます。

◇ メリット5:チャンネル登録者へのアプローチ

チャンネル登録をしているということは、商品やサービスに興味を持ってくれているということです。YouTubeでは、ファンになってくれる可能性のあるユーザーに、細かなアプローチが可能です。

上記のようにメリットは多いですが、YouTubeのチャンネル運用にデメリットがないわけではありません。

◇ デメリット1:結果までに時間がかかる

YouTubeに動画をアップしたからといって、必ず観てもらえるとは限りません。

視聴してもらうには、動画のクオリティを上げ、チャンネル登録者数を上げる努力が必要です。

ユーザーの反応の実感や目標の達成には、時間がかかる場合があります。

◇ デメリット2:動画制作は工程が多い

YouTube動画は自由な発想で撮影、編集が可能ですが、高品質に仕上げるのは簡単ではありません。動画制作には記事や静止画に比べて倍以上の工程があるため、普段の仕事と平行で行うにはかなりの負担となります。

企業が確実にチャンネル運用を行うには、知識を持つ専属のスタッフを配置するか、ノウハウを持つプロに代行を依頼するのが得策です。

YouTubeの動画制作には、企画から構成、撮影、編集など多くの作業が必要です。

また、視聴者数やチャンネル登録者数を増やすために様々な戦略を練らなくてはいけません。それと同時に次の動画や商品・サービスの開発には、動画の解析も大切です。

YouTubeのメリットを活かし、チャンネル運用を成功させるためには、メリットを活かしながらデメリットの部分も確実に改善していくことです。

動画制作に必要な工程やコスト、問題点や改善点などを放置せず、しっかりと向き合いましょう。

企業様向けYouTubeのチャンネル運用のサポートならLIBERTY TOWNへ

For support

YouTubeのチャンネル運用には多くのメリットがあり、今後増々重要なビジネス戦略のツールとなるでしょう。しかし、時間が十分に割けない方や専門知識が少ない方にはチャンネル運用は厳しく、なかなか結果に繋がりません。

そこで役立つのが、YouTube運用のマネジメントプロダクションです。

LIBERTY TOWNでは、YouTube運用のマネジメントを運営しています。YouTubeに特化したノウハウと経験で、目標を達成するよう全力でサポートいたします。

また、YouTuberと企業とのマッチングも行っており、容姿の整ったモデルやタレントも多数在籍しています。

YouTubeのチャンネル運用のサポートや宣伝効果の高いYouTuberの起用をご希望の企業様は、LIBERTY TOWNへぜひご依頼ください。

コラム一覧

  1. クリエイターのマネジメント・プロモーションをサポート!LIBERTY TOWNの会社紹介
  2. クリエイターマネジメント会社とは?SNSやYouTubeの企画はLIBERTY TOWN
  3. インフルエンサーマーケティング会社とは?SNS・Instagram・YouTubeのマネジメントを依頼!
  4. インフルエンサーマーケティング会社の選び方とメリット TwitterでPR!
  5. YouTubeの動画制作代行・映像制作サポートはお任せ!制作会社選びと事前準備
  6. YouTubeの動画制作の流れと課題 動画制作から編集・チャンネル運用の代行はLIBERTY TOWN
  7. 企業がYouTubeを活用する目的と方法 ユーザー数を伸ばすチャンネル運用・コンテンツ制作はLIBERTY TOWN
  8. YouTubeチャンネル運用のメリット・デメリット 企業の商品やサービスのマネジメントはLIBERTY TOWNへ
  9. インフルエンサーマーケティングにおける注意点 SNSを商品の宣伝に活用するならLIBERTY TOWN
  10. インフルエンサーのSNSマーケティングを行う企業のメリット InstagramなどのマーケティングサービスはLIBERTY TOWN

YouTubeをビジネス展開に活用したい企業様はLIBERTY TOWNへ

社名 株式会社リバティタウン LIBERTYTOWN Inc.
代表取締役 本田 一世
設立 2017年5月9日
資本金 10,000,000円
住所 〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目16−23 セントヒルズ池尻11F
TEL 03-5465-0655
URL https://libertytown.co.jp/
事業内容
  • ・プロダクション事業
  • ・動画制作事業
  • ・デジタルコンテンツの運用代理、企画制作事業
  • ・インフルエンサーマネジメント事業
  • ・Web制作事業
顧問弁護士 西浦・西中山法律事務所 西浦善彦